絶対に必要な書類について

バイクの査定時、売却時に必要な書類はいくつかあり、揃っていなければ査定を受けても売却できないこともあるので注意が必要です。必要な物としては身分証明書、バイクの売却関連各種書、印鑑などです。このうち、バイクの売却関連は査定人が用意することが多く、査定では身分証明書やハンコがあればよいということも少なくありません。査定ではバイクの状態がチェックされますが、所有者を識別するために身分証明書の提示や納税証明書が確認されます。このようなチェックは盗難バイクの買取を防ぐためです。250cc以下のバイクでは車検が必要ありませんので車検証でのチェックが出来ないこともあり、盗難バイクのチェックは厳密に行われています。また、フレームナンバーなどもチェックされますが、紙ではなく、バイク本体を確認することが多いようです。車検が必要なバイクについては車検証の確認も行われます。ただし、車検が切れていても査定は問題ないく行われますので査定のために車検を取る必要はありません。ただし、車検があったほうが査定が高い場合もあるので、事前に車検を取った場合の査定額アップ価格を確認しておくとよいようです。車検が必要な車両で車検証が無い場合はマイナス査定となりますので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。