バイクと査定について

バイクの査定は一般的に2つのポイントで査定が行われます。1つは車種、年式、走行距離など車検証やメーターで分かることです。もう一つは車体本体の状態です。バイクによっては車検が無い場合もありますが、その際は車種と走行距離がチェックポイントとなります。バイク査定で特に重視されるのが車種とグレードです。オートバイは車種による中古車価格にかなりの差があると言われています。メーカーが同じでも車種による価格差はとても激しいようです。2つ目は車体本体の状態です。オートバイは自動車に比べて個体差がとても大きく、乗り手によってエンジンの劣化も異なります。また、車体はきれいなのにフレームがゆがんでいるなど走行に影響がある場合も多いようです。そこで査定の際には車体のサビやフレームの状態、安定性もチェックされます。車と違い外で保管された車体は車両の裏側にサビが発生しやすく、劣化が激しい部分なので特に注意されてチェックされます。エンジンについてはアイドリング、空吹かし時の安定性などがチェックされ、合わせてオイルの状態などもチェックされるようです。タイヤについては片減りしていないか、まだ利用できるかなどのもチェック対象です

 

コメントは受け付けていません。